ネットワークとは!

ネットの時代において重要な役割を担っている「ネットワーク」を見直してみませんか。このカテゴリーは、人やものごとを「網状(もうじょう)」につなげたシステムをいうと説明されています。

このように人や社会における組織などを網のようにつなげたスステムを、あなたが経営する企業においても有効に活用していただくために、「企業ネットワーク」の重要性を再確認し、これを巧みに構築なさるようおすすめします。

ここでは、その構築をする前に、確かめておくべき事項としてこれを構築するテクニックとネットワークに欠かせない4つのポイントをご紹介しましょう。

企業ネットワークはなぜ重要か?

高いレベルの信頼性を低コストで実現!

 企業の経営においては、人と人とのつながりとしての「人脈」が大切です。

この人脈を基盤としつつも、企業の主体となる本社をはじめ支社・支店・営業所などを網状につなぐ仕組みが重要になってきます。このような企業の活動を活発化させ、営業の効果を最大限に発揮させるために企業ネットワークの在り方が問われます。

その「企業ネットワーク」を考える上で重要となるのが、とまらないという信頼性です。もし営業に関するデータを送る際に遅延があれば顧客の信頼を失い、テータを受け取る際にもトラブルが発生すれば、取引が中止されてしまう可能性があります。

これをネットワークの仕組みによって防ぎ、企業活動の機動性・柔軟性を高める武器となるのがネットワークです。高いレベルの信頼性を低コストで実現するためにネットワークが重要となります。

人脈の開拓・社内の人間関係も!

このような「企業ネットワーク」を構築すれば、次のような効果も期待できます。

# 安定したネットワークが企業活動を支えていると、取引の相手方もその「企業ネットワーク」を信頼でき、安心して活用できるようになります。

すると、良い意味で様々な経済的な変化が期待できます。

# 人に対するネットワークにより、良好な「人脈」を開拓することができ、その人脈をとおして取引もさらに活発になってきます。

こうした人に対するネットワークにより社内における人間関係も良好な状態に改善されていきます。

このような側面においても「企業ネットワーク」は重要になります。

構築前に知っておきたいインターネットVPN

このような「企業ネットワーク」を構築する前に、導入コストおよび運用コストが低い「インターネットVPN」に着目されることをおすすめします。

これは通信回線の使用料を抑えながら、セキュリティを確保して、安全な通信をすることができるからです。

この「VPN」は、Virtual Private Networkの略称ですが、仮想私設通信網とか仮想私営通信網と訳されております。

これは一般に、外部ネットワークとの接点となるWAN (Wide Area Network、広域網)ルータとか、VPN機能を搭載したファイアウォール、あるいはVPN専用装置などを利用して実現される、WANの技術といえます。

このVPNは、複数の利用者が、通信インフラを共有して利用するインターネットなどの「共有ネットワーク」を、見るからに「プライベートネットワーク」であるかのように利用するための技術といえましょう。

具体例でみれば、ある会社の「本社LAN」と「支社LAN」など地理的に離れた拠点の間における接続をするための技術と考えてよいでしょう。

WEB・ITの業界や業務というのは単純ではありません。役割や仕組などを理解できないと優先順位の判断や指示・決断ができません。

プログラミングを学ぶ

これはよくIT系の幹部クラスの人が実践していることですが、WEBの仕組をしるためにプログラミングスクールへ通い、WEBに関する全体の理解を深めている人も多くいます。

自身がプログラマーやエンジニアを目指すのではなく、あくまで良い判断を行っていく上で重要だと感じているための行動です。

今や社会全体がインターネットと密接な関係にありますので、最低限の知識と理解はこれから非常に大切になってくると思います。

参考になるようなサイトがありましたので、紹介しておきます。
https://programming-school-hikaku.jp/

ネットワーク構成図の重要性!

それでは、どうすれば使いやすいネットワーク構成図を書くことができるでしょう。その最短距離は「先人」に見習うことです。

先人が作成した、いろいろな「ネットワーク構成図」を何度も見て、それを参考にして自分でも作成されるようおすすめします。

その構成図を作成するポイントは、

  • 見やすいこと
  • 修正しやすいこと

といえます。

企業ネットワークに欠かせない4つのポイント!

最後に「企業のネットワーク」に欠かせない4つのポイントをご紹介しておきましょう。

# 設計・構築からその運用までワンストップで提供する

# 暗号化時でも最大400Mbpsの高スルーブットを発揮させる

# いろいろなキャリアに最適な回線を剪定可能にする

# 24時間、365日体制でネットワークを死活監視する

まとめ

このように考察してきた結果、「企業ネットワーク」の機能を見直すことができました。

そして、このネットワークの重要性だけでなく、構成図および構築の重要性も明らかになったことでしょう。

これらの基礎知識に基づいて、VANを活用する工夫もして、「企業ネットワーク」のシステムを有効に活用するようおすすめします。

そうすれば経営する企業も発展していくことになります。